やや貧相だった我がナニが何とか人並みになった方法

①いつそのことに気づいたのか

私のナニが小さいと気づかされたのは小学5年生の修学旅行での話でした。クラスの男子全員でお風呂に入った時に、周りのクラスメートのナニと私のナニの大きさを見比べてみると自分のがやや小さいことに気づきました。幸い私は小学5年生で結構ナニ毛が生えていたためクラスメートはそっち夢中だったため気づかれませんでした。しかし、自分としてはナニのサイズが小さいのがもしかして病気かと不安になっていました。

②そのことに気づいて何を実践したのか

クラスメートとの差にどうしたらナニは大きくなるのか、小学生だった私はインターネットで調べてみることにしました。すると毎日おっきさせる事でサイズアップ!というどこかのサイトの記事を見ました。幼い私は毎日のようにエロ画像を求めネットを徘徊するようになり(この頃に自慰も覚えた)、何時しか小学生で自慰を覚えたために、ナニを大きくするよりも抜く事を楽しむようになりました。今でも変わりません。

③その結果どうなったのか

私のナニのサイズを意識する出来事は中学生の修学旅行でわかりました。クラスメートと隣のクラスの男子全員でお風呂に入った時に、周りの男子と自分のナニのサイズを見比べてみると謙遜無いサイズになっていることが分かりました。周りからは相変わらず大きさよりもやはりナニ毛の話で持ちきりでしたが、自分としては人並みサイズになれた事によくわからない喜びを得ていました。ちなみに今では人並みよりやや大きいぐらいになりました。